効果が出る広告・デザインの考え方・作り方

効果が出る広告・デザインの考え方・作り方 基本的な広告作りの考え方

誰が 何で どうする

目次

・そもそもデザインとは何か。

・「誰が」「何で」「どうする」

・ちゃんと伝えたのに、全然違う!

・絞ったメッセージを!

・最後に・・・

 

 

そもそもデザインとは何か。

 

デザインの本質はカッコいいものを作ることではありません。
もちろん可愛いものを作る事でも、面白い事を作る事でもありません。
それはあくまで本質を求める過程におきることです。

 

デザインの本質は情報を伝えることにあります。

 

その過程でかっこいいイメージを伝えるため、
目を引くためにカッコイイデザインをします。可愛いも面白いも同じ事です。

 

情報を伝えることが本質ですので、デザイナーは、
「お客様のお客様にどうすれば伝わるか」と言う事を考えてデザインする訳です。

 

なんかカッコイイいい感じに作るのではなく、
「誰に向けて、何を伝えるためにどのような方法で伝えるか、目を引くか」を考えデザインをするのです。

 

ゆえにデザインの価値とは狙ったターゲットにいかに訴求できるか。ということです。
デザイナーが作ったデザインは、
「誰に向けて、何を伝えるためにどのような方法で伝えるか、目を引くか」を考え、
精査された結果なのです。

 

その結果を媒体上で見た目や情報の優劣他さまざまなことを組み立てて
バランスを整えご提案しているのです。

 

ENDLINE Designer : Shingo Hirayama.

 

 

「誰が」「何で」「どうする」

 

広告のデザインを考えるにあたり基本として大事な事は
「誰が」「何で」「どうする」という項目をシッカリおさえる事です。

 

「誰が」とは、その商品を必要とする人は誰かということで、誰に向けた広告を出すのかという事です。

 

「何で」とは、その商品を手にする理由、お客様にどんな良い事があるのかということです。
「どうする」とは、欲しいと思った際に何をしたら良いのか、どんな行動(電話問い合わせ、直接来店など)を起こしたら良いのかという事です。

 

超大盛りのお店 大盛り屋

 

すごく腹減った! 超大盛り 2階へ

 

例えば上図のように
「すごくお腹が減った人」が「超大盛り」という理由で「2階へ」行く。
この事が広告の中でシッカリつたえられているのかが大事になります。

 

腹減った! 超大盛り WEBへ え?

 

これが色々言いたいが故にズレてしまうと上図のように
「すごくお腹が減った人」が「超大盛り」という理由で「WEB」検索をする。
あれ?これではお腹が減っていた人のお腹は満ちませんね。

 

小食です 超大盛り 不要

 

また、ターゲットを無理に広げようとしても上記のように
「誰が」と「何で」にズレが出てしまいます。

 

まず広告を考える際は「誰が」「何で」「どうする」という
この3点がシッカリおさえられているかどうか
「誰が」にあたる想定した人が商品を手にするまでの道のりが
成立しているかを確認してみましょう。

 

また、「何で」は『良い商品だから』ではイマイチ心に響きません。
良い商品「だからどう得するの?」を謳うことが大切です。
良い商品だから買ってくれ!ではなく
例えば、良い商品だから「あの子の笑顔が見られる」など、もう一歩深い事を謳う事が大切です。

 

すごいダロ!買ってくれ! あの子の笑顔見れる!かも?

 

ちゃんと伝えたのに、全然違う! ということは、なぜ起きるの?

 

ちゃんと伝えたのに、全然違う!

 

ちゃんと伝えたのに、全然違う!ということはなぜ起きるの?
なぜ起きるのでしょう。それはおそらく、伝わっていないからです。
では実験してみましょう。1つの絵を描いて頂きます。
一枚の紙をとペン、可能であれば色鉛筆を用意してください。

 

それでは始めます。

1.真ん中に中くらいの黒い長方形を描いてください。

2.その左に茶色の中くらいの正方形を描いてください。

3.さらに左上に小さな黒丸を描いてください。

4.用紙の右下に大きな茶色の三角形を描いてください。

5.そのひだり下からS字の黒い線を描いてください。

6.背景は水色で下が淡い緑色です。

これでよろしくお願いします。

 

さて、完成しましたか?
どんな絵が出来上がったでしょう。

 

コレダナ! コウデスカ?

 

指示した型の意図はAです。
あなたの絵は同じ物が出来上がっていますか?
もしかしたBのような絵が出来上がっていませんか?

 

どちらも条件を満たした絵ですが全く別のもが仕上がってしまいました。
実際に実験をしたとことBの用な絵が完成する事が多々ありました。

 

ちゃんと伝えたのに、全然違う!が起きてしまったのです。
ちゃんと伝えた(つもり)ちゃんと聞いた(つもり)がこのようなズレを引き起こすのです。

 

COOL!!

 

また主観に左右される感覚的な表現も大きな違いが出てしまいます。
「カッコいいもの」と言われて想像するもの人それぞれです。
そのカッコいいはどんなものなのかが大切になります。

 

アレもコレも大事!全部大きく! ってダメなの?だってスペースもったいない!

 

絞ったメッセージを!

 

アレもコレも大事!全部伝えたいから全部大きく!
と、思う事はありませんか?
もちろんせっかく広告を出す訳ですから色々伝えたくなるのも当然です。
しかしながら、それをやってしまうと不親切な広告になってしまいます。
実際に見てみましょう。

 

入居者募集中

 

何が一番に言いたいのか分かりづらくなっていますね。
色々伝えたい気持ちを少しおさえて、その広告を見る人が
欲している情報を分かりやすく伝えることが大切です。

 

緊急事態だ!

 

書体(フォント)ってどう選べば良いのでしょう。
一言で言えば、状況次第です。上図を見てどれが一番適していると思いますか?
ちなみにこのよう場合は左側の書体が適しています。
右二つには緊張感が足りません。
フォント選びが分からないときや曖昧な時はデザイナーに相談するのが良いでしょう。

 

feel insecure 恐い人かも? 場違いかも? 予約制かも? 売られるかも?

 

最後に

 

最後に、広告のなかで不安を取り除くということも大切な要素の一つです。
例えばあるお店に入る際、お客様は「恐い店員さんだったらどうしよう」
「自分は場違いではないだろうか」「予約制だったらどうしよう」
「押し売りされたらどうしよう」という不安がよぎる事があります。
その不安を取り除く事も集客の効果を高める(下げない)要素となります。

 

 

デザインの参考にして頂ければ幸いです。 分からない場合はご相談ください。

 

「どんな看板を作れば効果が期待出来る?」にお答えします!
0120-505-953 受付時間9:00~18:00
お問合せ・お見積り
資料請求