その広告、 本当に効果出ていますか?AEMサービスのご案内

今お使いのその広告!

本当に費用対効果良いですか?

チラシ、看板、のぼり旗、タウンペーパー..などいろいろ広告出稿していると思います。

広告をいろいろ出してはみたけれど、効果が出ているのかどうか 実はよくわからない...

具体的に言うと

 

  • 様々な広告媒体を使っているがどこから問い合わせが来ているのかわからない
  • インターネットからの問い合わせは測定できるが電話からの問い合わせまではどこからなのかわからない
  • 広告の費用対効果の測定方法がわからない

 

エンドラインなら看板や広告の費用対効果を測定可能です
さらにその広告を改善して、貴社に最適な広告をご提案します
それがAEMサービス(Advertising effectiveness measurement)です

 

そもそもなぜ、費用対効果がわからないのでしょうか?

 

  • ① 広告費用が分からない
  • ② 反応が分からない
  • ①・②を管理していない

 

おそらく①の広告費用が分からない!という事はないと思います。なので

 

  • ②の効果測定を行っていなくて、反応が分からない
  • ③の広告費・効果測定は分かるが、その数値をしっかり管理していない

 

という事が問題になっていると思います。

 

AEMサービスなら、仮説⇒制作⇒検証⇒改善を実現します

 

kagaku_a

 

AEMサービス

AEMサービスは下記の様に「仮説」→「制作」→「検証」→「改善」のサイクルを回して広告に費用対効果を高めていきます。

kagaku_a

仮説…視線予測サービス・アイトラッカーにて看板製作前に視認性を確認出来るようになります。結果、「あの看板見えないよね!作って後悔した」という事が減ります。

詳しくはこちら

 

制作…社内の専門デザイナーによるデザイン制作を行います。外注ではないのでスピード対応且つ集客できるデザイン制作が可能です

 

検証…当社にしかできない強みです。様々な効果測定方法により検証をします。看板効果測定7つの方法はこちら

 

改善…広告効果管理シートに記載を行い、改善を試みます。

効果測定の基礎知識についてはこちら

「どんな看板を作れば効果が期待出来る?」にお答えします!
0120-505-953 受付時間9:00~18:00
お問合せ・お見積り
資料請求