広告集客効果を科学する!

小道に入る視認性の低いお店を改善

小道に入らなければ、何屋かも分からず目も行かない。

問題点

小道に入らなければ、何屋かも分からず目も行かない。

 

概要

線でかこった店舗は写真の撮影ポイントからは何屋か分からず、且つ視線も行かないので機会ロスをしてしまっている。

kutyu_a

 

ヒートマップ

実際の見られているのかを検証1

視線がいっていない事はありませんが、手前の店舗の看板のほうが、より視線がいっている事がわかります。

kutyu_a
kutyu_b

kutyu_c

 

視線トラッキングチャート

実際の見られているのかを検証2

ヒートマップ同様、手前のお店に視線がいっています。また、せっかく視線が来た壁面に何の情報も無く機会ロスをしていることがわかります。

kutyu_a
kutyu_b

kutyu_c

 

リージョンマップ

実際の見られているのかを検証3

課題となっている店舗への視点はいっている物のやはり情報不足です。

kutyu_a
kutyu_d

kutyu_e

 

提案1

撮影ポイントに向かい壁面看板をつける

撮影ポイントに向かい壁面看板をつけることをご提案いたします。

視線を集めるとともに、何の店舗なのかを明確にする事で機会ロスを減らします。

kutyu_e

 

ヒートマップ

実際に効果的かを検証1

看板設置前に比べ視線を集めるようになり、焼き鳥の文字にもしっかりと視線が集まっています。

kutyu_a
kutyu_d

 

視線トラッキングチャート

実際に効果的かを検証2

手前のお店からの流れで焼き鳥の文字に向かい視線が流れているのがわかります。

kutyu_a
kutyu_d

 

リージョンマップ

実際に効果的かを検証3

視線の行くエリア内にしっかりと訴求ポイントを入れる事が出来ています。

kutyu_a
kutyu_d

 

提案2

壁面が使えない場合、各種ツールで代用する。

フラッグや、提灯立て看板を置く事で壁面に看板を設置できなくても充分に視認性を高める事が出来ます。

kutyu_e

 

ヒートマップ

実際に効果的かを検証1

様々なツールを使う事で店舗に賑やかさが増し、視線をより集めるようになりました。

kutyu_a
kutyu_d

 

視線トラッキングチャート

実際に効果的かを検証2

壁面看板の検証とほぼ同じ結果ですが視線はより奥へ伸びてフラッグあたりに視線がいくようになりました。

kutyu_a
kutyu_d

 

リージョンマップ

実際に効果的かを検証3

最初は全く訴求できていなかった店舗がフラッグにより機会ロスを減らす事が出来ています。

kutyu_a
kutyu_d

 

ご提案のまとめ

小道に入らずとも訴求できる看板の設置をおすすめします。

壁面の看板や、そのたツールでも効果的でな事は分かって頂いたかと思いますが可能ならば全てを設置する事をオススメ致します。また各ツールには視線を集めるだけでなく個々の違った役割があります。

・看板 アイキャッチであり何のお店かを認知してもらう。また興味をもってもらう。

・フラッグ 風で揺れ動く事で人の注意をひきます。

・提灯 夜間に目立つだけでなく、営業しているんだなという安心感をあたえ空間に賑やかさがです。

・立て看板 店内写真や商品価格を載せることで入店直前の不安を取り除きます。

上記の理由より全ての設置をオススメ致します。

kutyu_d

「どんな看板を作れば効果が期待出来る?」にお答えします!
0120-505-953 受付時間9:00~18:00
お問合せ・お見積り
資料請求