広告集客効果を科学する!

壁面利用が出来ない場合の屋外広告提案

集客力を上げたいが店舗の壁面に看板を設置できない

問題点

集客力を上げたいが店舗の壁面に看板を設置できない(したくない)。

 

概要

建物の外観や現状を保護するために壁面に看板を設置することを控えたい。そのなかで集客力を上げたい

kutyu_a

 

ヒートマップ

どのように見られているのかを検証1

全体的にぼんやりとした目のひき方です。何も訴求できていないと言っても過言ではありません。

kutyu_a
kutyu_b

kutyu_c

 

視線トラッキングチャート

どのように見られているのかを検証2

高い位置を意味なく流れています。何も訴求できていないと言っても過言ではありません。

kutyu_a
kutyu_b

kutyu_c

 

リージョンマップ

どのように見られているのかを検証3

窓のあたりに視線はいっているものの広告面ではなく、いまいち集客につながるとは思えません。

kutyu_a
kutyu_d

kutyu_e

 

提案1

立て看板を置く

立て看板であれば、壁面を使う事無く、集客力を高める事ができます。

また、位置も自由に帰る事ができ状況に合わせ変化を持たせる事も可能です。

kutyu_e

 

ヒートマップ

実設置前とヒートマップを比較

左に流れてしまっていた視線をしっかりと立て看板に集める事ができます。

kutyu_a
kutyu_d

 

視線トラッキングチャート

設置前とリージョンマップを比較

左にあった視線が看板に行っています。色味に暖色(赤系統)を取り入れた事も要因の一つと言えます。

kutyu_a
kutyu_d

 

リージョンマップ

設置前とリージョンマップを比較

真っ先に看板に視線が行き、周辺を見ると共に再度視線が看板に向かっています。訴求が十分に出来ているといえるでしょう。

kutyu_a
kutyu_d

 

提案2

屋外用スタンドバナーの設置

看板よりも大きく使え、付け替えや移動に関しても看板よりも簡易であるという利点もある。

kutyu_e

 

ヒートマップ

設置前とヒートマップを比較

看板同様、左に流れてしまっていた視線をしっかりとバナーに集める事ができます。また範囲も大きくとれています。

kutyu_a
kutyu_d

 

視線トラッキングチャート

設置前とトラッキングチャートを比較

真っ先に看板に視線が行き、1-2-4と流れの多くをしめています。大きさもあるため効果的と言えるでしょう。

kutyu_a
kutyu_d

 

リージョンマップ

設置前とリージョンマップを比較

看板同様、左にあった視線がバナーに行っています。範囲的にもバナー全体が視線を集めています。

kutyu_a
kutyu_d

 

ご提案のまとめ

壁面を使わずとも様々な形で集客出来る。

壁面が使えない場合は、では何処が利用可能かという事が解決策につながります。

下図の様に地面にマットを敷いて広告面に使うという方法もあります。この方法は目立つというより、印象づけして思えてもらうための広告(ツール)となります。

kutyu_d

「どんな看板を作れば効果が期待出来る?」にお答えします!
0120-505-953 受付時間9:00~18:00
お問合せ・お見積り
資料請求