広告集客効果を科学する!

電車から見えるように訴求する 屋外広告提案

 

電車から見える広告が良い。

問題点

赤く塗られた位置に広告を出すのだが電車から見える広告が良い。

 

概要
電車内から見える位置への広告設置。せっかくつけるのなら効果のあるものにしたい。

kagaku_train_a

 

ご提案1 目をひく為に人を入れる。情報は少なく大きく

電車(内の人)へ向けた広告と言う事で、一瞬の間に情報を伝える事が大切になります。故に情報は絞った方が良いでしょう。

人の写真を入れて目をひく。何屋(何ができるのか)を謳う。

且つ、他の広告と連動性があると、認知の意味で大きな効果が期待出来ます。

kagaku_train_b

 

ヒートマップ どのように見られているのかを検証1

顔を中心に赤い吹き出し部分まで見られている事がわかります。不動産で「こんな雰囲気の広告」と十分に伝えられているといえます。

kagaku_train_a
kagaku_train_b

hmap

 

ヒートマップ どのように見られているのかを検証1-2(走行時)

擬似的な走行時の画像で検証。顔と認識されにくくなりましたが、赤い色が十分に視線をあつめます。

kagaku_train_a
kagaku_train_c

 

ご提案2 何屋の何と言う会社か明確に

電車(内の人)へ向けた広告と言う事で、一瞬の間に情報を伝える事が大切になります。故に情報は絞った方が良いでしょう。

何屋(何ができるのか)を謳う。そして、覚えてもらう。覚えてもらうだけで、安心感を与えることができます。

hmap

 

ヒートマップ どのように見られているのかを検証2

赤と白の差が大きい色使いが目をひいています。お部屋探しとロゴのセットで覚えてもらえるでしょう。

kagaku_train_a
kagaku_train_d

 

ヒートマップ どのように見られているのかを検証2-2(走行時)

擬似的な走行時の画像で検証。十分に視線を集めたうえで、文字も読める程度を保っています。

kagaku_train_e
kagaku_train_f

 

ご提案のまとめ 電車への訴求は認知を優先して上手く広告する

電車への広告は、僅かな時間で情報を伝えなければいけません。故に情報は最低限に絞りましょう。最低限の情報を最大限有効に使う為には認知を目的とする事が最適です。

また、「不動産ココ↓」のような認知・誘導にも有効だと言えます。

kagaku_train_e
kagaku_train_g
「どんな看板を作れば効果が期待出来る?」にお答えします!
0120-505-953 受付時間9:00~18:00
お問合せ・お見積り
資料請求