看板メンテナンス

2015年2月札幌で飲食店の看板が落下して、20代女性が意識不明の重体になりました。

落下したのは看板の一部で鉄製で20キロもありました。
事故当時、札幌管区気象台によると、瞬間風速25メートルの風が吹いていました。屋根瓦がはがれる程度の強さです。
15メートル頭上から20キロの看板が落下・・・。考えただけでも身の毛がよだちますね。
しかし、被害は未然に防げた可能性があります。
実は事故発生前にも看板の一部が歩道に落下していたのを店側が把握していました。

看板落下の原因は「腐食」

店側は点検を怠っていたことを認めました。

看板を建物と固定する4本のボルトがいずれも腐食していたのです。

さて、みなさんはここで何を感じますか?
「私には関係ないよ~」と思いますか?

実は、「看板を設置しているビル・会社・お店」全てに関わりがある事なのです!
ズバリ言いましょう!
あなたの会社やお店が看板を設置しているならば、管理責任があり、
「部品落下を見て見ぬふりしていたこともあり、警察はビルの所有者である『札幌かに本家』の責任者を業務上過失致死傷罪で立件するでしょう。同罪は5年以下の懲役か禁錮または100万円以下の罰金ですが、禁錮1年半程度の実刑判決が下る可能性があります」としています。
ビル所有者の管理責任が問われますが、広告主である企業やお店にも大ダメージとなります。

このような状態ではありませんか?

  • さびがひどくなっている
  • 広告板面が変色している
  • 接続部のボルトが変形している。又は腐食している
  • 蛍光灯が切れている
  • 全体的にぐらついて見える

是非、一度点検してみてください。
全く問題なければ大丈夫ですが、看板は年1回の点検・メンテナンスが基本です。
ご不安ならば、看板のプロによる点検・メンテナンスをしませんか?

料金表

初回訪問 無料
詳細点検 30,000円~
さびどめ 35,000円~
※初回訪問時に詳しくヒアリングしてお見積りを提出します。

お問い合わせ〜点検・メンテナンスの流れ

STEP01 お見積り依頼

お見積りのご依頼をお電話下さい。
Tel : 092-511-2583(お電話受付時間9:00~19:00)

STEP02 現地打ち合わせ

打ち合わせ(電話)をさせていただき、日程を決めて現地に赴きます。初回訪問は「ヒアリング」と「目視による簡単な調査」のみです。

STEP03 お見積もり提出

約10日程度で打ち合わせの内容を基に点検部位の見積書を作成、発行いたします。

STEP04 ご注文
打ち合わせの内容を基に解決策のご提示と見積書を作成、発行いたします。
STEP05 点検

安全確認をしながら点検を行います

STEP06 点検

弊社より点検・メンテナンスレポートを提出します。チェック事項で安全か危険かを確認できます。
安全であれば問題ありませんが、危険部位がある場合その後、メンテナンス・再作成・撤去を行うか?ご判断下さいませ。
※弊社の「点検」「メンテナンス」は100%安全を保障するサービスではありません

「どんな看板を作れば効果が期待出来る?」にお答えします!
0120-505-953 受付時間9:00~18:00
お問合せ・お見積り
資料請求