袖看板・ポールサイン

袖看板とはビルの壁面から突き出ている看板の事です。

ポールサインは袖看板と同じ形式の看板をポールを設置して自立させている看板です。

 

sodekanban_01.jpg  polesign_01.jpg
袖看板 ポールサイン

電気で光る電飾看板と光らない非電飾看板の二種類に分かれます。

電飾

電飾の袖看板・ポールサインの場合、既製品の看板を使用する事が多いです。
いろんなメーカーが既製品を販売していますので、それに応じたサイズで作成します。
W600×H1,800ミリ・H2,700ミリ・H3,600ミリなど様々なサイズをご用意しています(もちろんこれ以外もサイズはあります)

表面は電飾用のシートを貼ります。
インクジェット印刷かカッティングシートを使用します。

電飾の場合、印刷だと綺麗に見えないので、カッティングシートをおすすめします。

非電飾

非電飾の場合も既製品使用する頻度が多いです。
但し、表面は通常の看板の塩ビシートを使用します。

注意点!

袖看板の落下事故が多発しています。
袖看板落下の責任は、管理者にありませので(つまりビルオーナーなど)少なくても年に1回は看板業者に点検をしてもらう事をおすすめします。

人の命に関わることになりますので、費用は掛かりますが、保険と思って是非点検してください。

「どんな看板を作れば効果が期待出来る?」にお答えします!
0120-505-953 受付時間9:00~18:00
お問合せ・お見積り
資料請求