あなたの看板を無料で分析します!

今までこんな経験ないでしょうか?

  • 看板を製作・設置した後で「集客効果が薄いなあ~」と後悔した事がある
  • 看板を作成したけどきちんと見られているんだろうか?
  • 自分で作成したPOPや販促ツールの内容がインパクトがない。

看板の製作・設置は安いものではありませんよね。
大きな看板を設置したら、取り返しがつきませんよね。

看板は「見てもらうこと」が大前提のツールです。

VASで、無料分析します。

エンドラインでは、VAS(視線予測サービス)を使用して、御社の看板を科学的に分析します。

170205_02_1.jpg
170205_03.jpg
170205_04.jpg

科学的分析は本来は特殊なアイトラッカーいう装置で莫大なコストがかかる実験をしなければいけません。
しかし、VASは80~90%の精度で予測が可能になりました。
2,000枚以上.のデータを検証した外部機関のデータとの比較で、その妥当性が検証されています。

※マサチューセッツ工科大学、ヨーク大学との研究。

 

VASで科学的分析をすると以下のような分析ができます。

エンドラインでは視線予測システムにより、あなたの広告が効果的かどうか?を分析できます。

例えば以下のような課題解決に使用できます。

☑ 自社の広告の事前調査をしたい
☑ 広告代理店であれば、コンペの際の資料として添付したい
☑ デザイン会社であれば、そのデザインが本当に視認性が高いのか?を検証したい

 

170205_05.png

170205_06.jpg

※無料分析でヒートマップ・リージョンマップ・視点トラッキングチャートの3つの分析が出来ます。
写真をメールで頂ければ1日で解析して返信します。
まずはお問い合わせフォームよりお申し込みください。

※分析レポートはこちら

 

3つの分析

広告効果の分析は以下の分析を行います。

1.ヒートマップ分析

ヒートマップとは、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「色」で表現したものです。 注意を引きつけやすい場所は暖かい色である黄色や赤といった色で、注意を引きつけにくい場所は寒い色である青や緑といった色で表されます。

170205_07.png

2.リージョンマップ分析

リージョンマップとは、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「数字」で表現したものです。この数字は、注意をひきつけやすい確率を示しています。

170205_08.png

3.視線トラッツキングチャート分析

視線トラッキングチャートは、画像を見た時の、視線の動きの予測を表したものです。番号の箇所は、視線が留まりやすい所です。

170205_09.png

170205_06.jpg

 

事例

170205_10.png

 

1.ヒートマップ分析×チラシデザイン

170205_11.png

 

チラシデザインをサーモグラフィーの様に、分析できます。赤い部分は特によく見えている所、青の部分はあまり見えていないところです。チラシを印刷する前に事前に視認性を確認できます。ですので費用対効果のあるチラシにすることが出来ます。

 

2.リージョンマップ 分析×屋外広告

170205_12.png

 

デザインそのものだけでなく周りの背景との兼ね合いもある屋外広告でも、分析可能ですす。リージョンマップは数値として視認効果が分かるので、説得力のある分析になっています。どこに看板を配置したら視認性が上がるのか?が分かるので失敗しません。

 

3. 視線トラッキングチャート分析×WEB デザイン

170205_13.png

 

WEB上で大切な事は、視点移動がどの順番で動いているのか?また、どこが見られているのか?の2つです。 視線トラッキングチャートでは、視点移動を的確に追う事が可能です。

 

170205_06.jpg

まずはお問い合わせフォームよりお申し込みください。

「どんな看板を作れば効果が期待出来る?」にお答えします!
0120-505-953 受付時間9:00~18:00
お問合せ・お見積り
資料請求