ENDLINE STORY エンドラインストーリー

みなさん、初めまして。
私はエンドライン株式会社の代表をしております山本啓一と申します。

私達は「不動産会社やお店向けに集客UPをお手伝いする屋外広告専門の会社」です。

今回はエンドラインはどのような会社なのか?を是非皆様に理解して頂ければと思い、筆をとりました。

エンドライン株式会社は2004年9月29日に福岡市南区のワンルームマンションで創業しました。
中古の机と椅子、家庭用の電話機1つとなけなしのお金で買ったMac。小さな、小さなスタートでした。

本当に資金がありませんでしたので満足な営業ツールも作れず、
自らの「飛込み営業」と「電話営業」だけでお客様を開拓していこうと思いました。

ですから私は、とにかく早朝から深夜まで働きました。

その頃はお客様も取引先にも冷たくあしらわれ、
今では考えられないような不利な条件を提示されて
本当に苦しい思いもしました。

創業から3か月目には100万ほど貸し倒れ、
2004年の年越し時点で通帳には3,000円ほどしかお金が残っていませんでした。

しかし、日々の飛び込み営業や電話営業が実を結び、すばらしいお客様にも恵まれたエンドラインは創業からわずか2年で年商は1億円を超えました

そして順風満帆に創業3年間には
営業社員を増員して、もっと売り上げを増やすぞ!と思いました。

しかし、営業社員を次々と雇い入れても、
なぜか1億2000万円ほどで売り上げがパッタリ!止まるのです。

当時の私は「数字が上がらないのは営業マンの気合と根性が足りないからだ!」と考えており、社員が悪いと思い、日々社員に発破をかけました。

が、売上は一向に上がりません。

そしてそんな私に付いていけず、一人、一人と社員が辞め始めました。

社員が辞めていっても全く気にも留めなかった私は更に社員へ発破をかけていきました。

しかし翌年、1億2500万円あった売り上げが、10%落ちました。
そしてその翌年には30%程度落ちました。


その間4年に渡り大赤字を出し続け、
2010年頃には最盛期の半分以下まで売上は落ちました。

なぜ売り上げが落ちたのかが分からない私は、
一気に回復を狙い、様々な業種に手を出し始めました。

「動画製作」「企業研修」「WEBコンサルタント」「セミナー事業」など次々と
新規事業を立ち上げていきました。

「事業を立ち上げれば売上は上がる!」

そう信じて頑張りましたが、新規事業(多角化経営)をすればするほど売り上げは落ち込んでいきます。

実は多角化経営をした理由はもう一つあります。

そもそも私は屋外広告業に全く興味がありませんでした。

「看板やのぼり旗に集客効果なんてあるのだろうか?」

呆れた話ですが、そんな事をずっと思っていましたので、自分の商品に自信がなく、何かもっと新しくてカッコイイ仕事がしたいと、屋外広告事業を早く辞めたくて仕方がありませんでした。

だから、私の多角化経営は止まらず毎月の売り上げは落ち込んでいきます。

「そうだ。私のいる広告業界が私に合っていないのだ。目の前でお客様が反応してくれる商売をしよう!」

そう思い、飲食事業を始めようと考えました。

丁度そのころ知り合いの経営者がうどん屋を売却に出していたので、私はなけなしのお金でそのお店を買い取りました。

うどん屋ならダイレクトでお客さまの反応もあるし、現金も入ってくる。

そう思った私は「奇跡の売上一発逆転」を狙い、「うどん屋」をOPENさせました。

しかし、飲食店でアルバイトすらした事ない私にノウハウなどなく、売上は一向に上がりません。

昼は屋外広告業、夜はうどん屋と2足のわらじを履いていたことで会社の経営力も分散されました。

結局、この飲食業も大失敗。

4か月後には大赤字になり、失敗ばかりの私はいろいろ悩みました。

「もう何をやっても儲かりそうな気がしない。なぜ会社などやっているのか分からない」

本当にそういう気になり、
「会社とは何なのか?何の為にやっているのか?そもそも何のための人生なのか?」

そのことばかり深く考えるようになりました。

日々悩みながらも相変わらず夜はうどん屋で接客をしていたとある土曜日、一つの疑問がわきました。

「そういえばまともに広告をしていないのになぜお客様は来店するのだろう?」と。

普通はチラシを撒いたり、ネット広告をしたりするのですがそのうどん屋はほとんど何も広告を出していませんでした。

丁度その時、お客様が入店されたので注文の際に勇気を出して聞いてみました。

「なぜこのお店に入ってこられたのですか?」
「外の看板を見たからだね~」
「え?」
私は雷が打たれたように体に電流がはしりました!

再度「看板をみて?ですか?」と聞き返すと「そうだよ」とお客様が答えました。

私の中では「看板」や「のぼり旗」に集客効果なんてない!と思っていただけに
かなりの衝撃を受けました。

それからはいろいろと看板やのぼり旗で集客の実験をして面白いコトが分かりました。

「肉うどん」ののぼり旗を外に出した日は
「肉うどん」の注文が増える。
「辛みそうどん」ののぼり旗を出した日は
「辛みそうどん」の注文が増える。
※のぼりを立てて3.9倍注文数が増加

その日の立てるのぼりにより注文数が変わって
いくのです。
また、のぼりが変わる事にお客様も気づいていて
「あれ?今日は辛みそうどんの日?」なんて声を
かけてくれるのです。

今まで何のために経営をやっていて、何のために仕事をしているのか?分かりませんでしたがその頃から、内から湧き出る想いが少しずつ形になってきました。
「看板やのぼり旗で集客できる。効果がある!」

そして日に日にこう思うようになりました。
「私は看板やのぼり旗を通じてお客様の集客UPを手伝いたい。私のお店がそうであったように。」

そう思った私はうどん店を閉め、全ての新規事業を停止し元の屋外広告業一本に絞りました。

とにかく、看板やのぼり旗・幕しかしない。
自分にそう言い聞かせ、再度事業を構築していきました。

屋外広告業に絞ると少しずつではありますが「赤字」から「黒字」へ転換しました。

私が事業構築のミスをして4年間赤字を垂れ流し続けた時も、その時の社員はほとんど辞めずに頑張ってくれました。

家族もずっと応援してくれていましたし、お客様も優しく、取引先も付いてきてくれました。

本当に周りの方々のおかげで会社を存続することが出来ましたし、周りの環境にも感謝できるようになりました。

丁度その頃、「経営理念」や「VISION」「MISSION」というものが想いだけではなく言葉として形になり始めました。

エンドラインの経営理念である「7happinessの追求」は苦しい時に周りの方々に支えていただいた感謝の想いから出てきた理念です。

エンドラインを取り巻く利害関係者「社員」「社員の家族」「お客様」「取引先」「お客様のお客様」「地域社会」の6つの
happyを集める事が、エンドラインのhappyに繋がる。

そのような社会意義に答えた経営理念です。

現在、私もやっと本気でそのような想いで会社を経営ができるようになりました。

自分勝手ではできない。社長の会社ではない。みんなの会社なのだ。会社は幸せを集める器なのだ。と心から思えるようになりました。

またエンドラインの行くべき先「VISION」は、「100億企業」「学生が働きたい会社で九州1位」という目標を掲げるようにしました。

100億の企業にすることでどうなるのか?

雇用が増える・給与が増える・納税が増える・福利厚生が整う・安定的継続企業になれる。

つまり全員のhappyに繋がる。そう思ってこのVISIONを作りました。

happyを求める結果は「学生が働きたい会社で九州1位」になる。

エンドラインに入社すれば明るい未来が見える。そんな会社にしたいと思います。

最後に社会から与えられた使命「MISSION」ですが

「サインの意味を変え、イメージを変え、社会を変えます!」と言うメッセージを作りました。

この「MISSION」の意味ですが

サインの意味を変えるとは?
現在、看板業界とお客様との間でギャップが生じています。
お客様は「認知」や「集客」を求めて、看板やのぼりなどのサインの注文依頼をしますが、看板屋は「製造業」なので、
「作って納品することがゴール」です。結果、顧客への提案なしに、言われたものを言われたまま作って終わりになってしまっています。
しかしエンドラインでは「集客をGOAL」として行動します。サインは本当に集客出来る!と言う事を我々が実践し、サインの意味を変えていきます。

サインのイメージを変えるとは?
今までの看板やのぼり=四角というイメージ、文言もありふれたキャッチコピーが定着しています。
しかし、看板やのぼりは四角じゃなくても良いのです。目を引くキャッチコピーでも良いのです。
エンドラインは通常のありふれたサインだけではなく、形を変えたり、文言にこだわったり「おもしろいアイデア」のサインを製作し、街を明るく元気にします。
それらによってサインの持つイメージを変えていきます。

社会を変える!とは?
「サインの意味を変え、イメージを変えます!」の先あるのは社会の変革。
サイン自体の新たな価値を創出して業界発展の向上にも努めます。
また、集客効果を通じて、人と人を繋ぎ、社会を明るくします。

このような使命感を持ち仕事が出来るようになりました。

「理念」「VISION」「MISSION」を全社員が共有して現在、エンドラインは存続しています。

もちろん、多くの想いや目標が成し遂げられていません。

今はまだ口先ばかりですが、今後は必ず実現させたいと思っています。

エンドライン株式会社は本当に未熟で道半ばですが
これからもお客様や地域社会と共に成長・発展して行きたいと思っております。

今後ともどうぞ宜しくお願い申しあげます。

「どんな看板を作れば効果が期待出来る?」にお答えします!
0120-505-953 受付時間9:00~18:00
お問合せ・お見積り
資料請求