のぼり旗・幕・バナー|モリアゲアドバイザーエンドライン
24時間受付中!
お問い合せ
無料なのでお気軽に
無料資料請求
050-5272-8537
受付時間9:00~18:00

どこに力をいれる?

よくある景色

 
同じ通りにある2つの店舗さんを比較してみます。何がちがうのでしょう?

kagaku_shop_a店舗A
kagaku_shop_b店舗B

 
まずは ヒートマップ で分析してみます

kagaku_shop_c店舗A
kagaku_shop_b店舗B

ヒートマップとは、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「色」で表現したものです。 注意を引きつけやすい場所は暖かい色である黄色や赤といった色で、注意を引きつけにくい場所は寒い色である青や緑といった色で表されます。
 
リージョンマップによる分析

kagaku_shop_a店舗A
kagaku_shop_c店舗B

リージョンマップとは、最初の3~5秒のあいだに注意をどれだけ引きつけられるかを「数字」で表現したものです。この数字は、注意をひきつけやすい確率を示しています。
 
視線トラッキングチャートによる分析

kagaku_shop_e店舗A
kagaku_shop_f店舗B

視線トラッキングチャートでは、視線の動きを予測したものです。
店舗Aの方は店舗の看板のみに視線が向いています。
 
ここで問題です!
通りを歩く人からは、A,Bの店舗はどのようにみえているのでしょう?

kagaku_shop_g店舗A
kagaku_shop_h店舗B

 
ヒートマップによる比較

kagaku_shop_i店舗A
kagaku_shop_j店舗B

Aの方はほとんど見られていません。
Bの方はのぼりが良く見られています。
 
リージョンマップによる比較

kagaku_shop_m店舗A
kagaku_shop_n店舗B

リージョンマップでも、Aの方は店舗は見られていません。
Bの方はのぼりやパラソルがよく見られています。
 
視線トラッキングチャートによる比較

kagaku_shop_k店舗A
kagaku_shop_l店舗B

Aの方は一度も店舗に視線が向いていません。
Bの方は最初と最後に視線が向いています。
 
エンドラインならこのようにご提案します

kagaku_shop_o店舗A
kagaku_shop_p店舗B

店舗Aは、店舗看板はとても大きく赤や黄色を使用していて目立っていますが、通りからの誘導が無いために、店舗の前まで行かなければ意味がありません。
そこで、通りからも目立つよう、のぼりやエア看板、A型看板などを提案します。

kagaku_shop_o店舗A
kagaku_shop_p店舗B

店舗Bの方は、のぼりやA型看板がよく目立ち、通りからの集客にも効果があります。
しかし、店舗の内容はわかりますが、店舗の名前などの情報がわかりずらいので、店舗看板のご提案をします。

お問合せ

LINEお問合せ