【面白く珍しい】オリジナルのぼり旗・横断幕・販促物を企画提案|モリアゲ!装飾
24時間受付中!
お問い合せ
無料なのでお気軽に
資料ダウンロード
050-8888-8660
受付時間9:00~18:00

【2位ではダメだと断言します】リアル店舗が地域No.1になるには「知ってもらう」が絶対条件

今回は、リアル店舗が地域No.1を獲得するための戦い方シリーズです。

ビジネスにおいては「No.1」でないとダメな理由

戦い方のポイントは「徹底的に1位にこだわる」こと。

1位、と聞いたとき、昔のアイドルの歌にあったような「オンリーワン」でもいいのではないか?と考える人もいるでしょう。

確かにあの曲は、名曲です。

しかしビジネスにおいては、No.1じゃないとダメなんです。
絶対です。

なぜかわかりますか?

やっぱりナンバーワン、と言われると興味が沸きますよね。

たとえば日本で一番高い山は?と聞かれたら「富士山」と即答できるでしょう。
では「日本で2番目に高い山は?」と聞かれて即答できる人はどのくらいいるでしょうか?
その山がどの県、どの自治体にあるか知っていますか?

富士山のイメージ

わからないですよね。

つまり2位はなかなか覚えてもらえないんです。
一方で1位はすぐに、誰にでも覚えてもらえます。

琵琶湖もそうですよね。

日本で一番大きな湖です。
では日本で2番目に大きな湖はどこですか?」
と聞かれて果たしてどのくらいの人が答えられるでしょうか。

湖のイメージ

※ちなみにおなつさんの答えは藺牟田池(いむたいけ)。

地元の池だそうです。
おなつさんはどう書くか、漢字も覚えていないようでした(笑)。

日本で2番目に大きな湖、ボク調べでは霞ケ浦です(正解でした)

このように何事においても2位は、覚えてもらえません
だからこそビジネスでは1位を取らなければいけないのです。

Amazonさん、楽天さんのようにあれだけビジネスが大きくなっていたら
もう1位じゃなくてもいいじゃん、となるかもしれません。

でも双方は戦いを止めませんよね。
なぜなら1位を取るためです。
1位だけが勝者となる社会だからです。

エンドラインは何位なのか?もちろん・・・

もちろん、エンドラインも1位を取っています。

実はBリーグチームの会場装飾においてエンドラインが1位です。
51チーム中、16チームとのおつきあいがあります。
シェア率は約27%。


B2だと39%のシェア率です。これはもう圧倒的な1位ですね。

1位は総取りできる可能性がある。なぜなら「忘れられない」から

1位になると総取りできる可能性があるのです。なぜなら1位は「忘れられない」から。
1位の富士山は思い出すけれど、2位の北岳はなかなか出てこない。

1位の強みはここにあります。

忘れられないことで、口コミがどんどん広がっていくのです。
紹介しやすいんですよね。

1位の強みは、「今契約している会社に不満がある」となったときに、仕事が流れてきやすいことです。
仕事を頼む会社を変えよう、となったとき「1位の会社は、どうだろう?」とか「1位の会社に頼みたい」となりやすいんですね。
それが「1位を取ると、結果的に総取りとなる」意味です。

1位になるには「知ってもらう」必要がある

1位になるためにはどうすればいいのか?

それは「知ってもらう」ことです。

知ってもらわないと始まらないんです。

何を買うにも「お店」について知ってもらわなければ買ってもらうことができません。
だからこそ広告が必要になるんです。

知ってもらうことがすべてのスタートです。

宇宙に行ったことや、SNSでの「お金配り」などでたびたび話題になっているZOZOTOWN創業者の前澤さんですら

「なぜSNSをやるのか」

と問われて

ZOZOTOWNを知ってもらうため

という主旨の答えをしています。

あのような大きな会社ですら、知ってもらうこと、会社の認知度を上げることに努力をしているわけです。

ZOZOTOWNよりも小さい会社ならなおのこと、知ってもらう努力をしなければいけません。

今回は以下の2点をぜひ、覚えてください。

  • ビジネスにおいては1位を取ることが大切
  • 1位を取るために知ってもらうことが何よりも重要

のぼりや横断幕などでリアル店舗を宣伝したい方、Bリーグで会場装飾シェア率1位のエンドラインに興味が沸いた方はぜひ、

記事下部のバナーからご相談ください。